造り手・ステファン・オジェ

しなやかな優美さを真髄とする新しいコート・ロティ

オジェ家は、コート・ロティの中心地アンピュイを拠点に、何世代にもわたりブドウ畑を営んできました。 シャプティエやギガルにブドウを販売していたこともありますが、1987年にミッシェル・オジェがドメーヌ元詰めを開始。 1998年に、ボーヌや南アフリカで修業を積んだ息子ステファンがドメーヌに加わり、親子二人三脚で、 コート・ロティのトップ生産者に数えられる注目すべき存在となります。

ドメーヌのフラッグシップワイン「コート・ロティ・ラ・ベル・エレーヌ」は、コート・ロティの単一畑 コート・ロジェから造られる特別なキュヴェ。家族を支える母エレーヌへの想いが込められ、 ワイン・アドヴォケイト誌では3度も100点を獲得しています。

2007年以降、すべての栽培と醸造をステファンが引き継ぎ、華やかでセクシーな、そしてしなやかな優美も合わせ持つ、新しいコート・ロティのスタイルを確立しました。 ステファン曰く、コート・ロティはパワフルなイメージがあるけれど、畑はローヌ渓谷でも最北に位置する非常に傾斜のきつい丘陵地にあり、本来はフィネスがありエレガントなワインが造られるのだそう。 その特徴をワインに表現しようと日々研鑽を積んでいます。

最近の新たな試みに、シャトー・ヌフ・デュ・パプとジゴンダスの間に購入した畑から造られる、グルナッシュ主体のAOCコート・デュ・ローヌがあります。 「ル・タン・エ・ヴニュ(=時は来た!)」と名付けられたこのワインにも、彼らしいエレガントな味わいが見事に表現されています。
まさに目が離せない注目の生産者です!

ステファン・オジェ

並び替え:
価格の低い順
価格の高い順
おすすめ順
新着順

(全10件)10件表示

  • 1