ドメーヌ・アンドレ・ヌヴー

土壌の違いでサンセールの多様性を表現

ドメーヌ・アンドレ・ヌヴーは、シャヴィニョール村で代々ワイン造りを行う小規模生産者。祖父マルセル、父アンドレに続き、1997年からは娘のヴァレリーと夫のトーマスがドメーヌを引き継いでいます。

ヌヴー家はドメーヌの周辺4か所に土壌の異なる畑を所有。収穫したブドウは、畑別にステンレスタンクで醸造・熟成後、翌年春に瓶詰めを行います。
同じ醸造方法で造られる白ワイン2種は、土壌の違いが味わいにはっきりと表れており、テロワールを尊重するドメーヌのこだわりがうかがえます。

所有畑のひとつ「レ・モン・ダネ(仏語で“忌々しい斜面”という意味)」は、日当たりの良い急峻な南向き斜面にあり、サンセール最良の畑のひとつにあげられます。その粘土石灰質土壌にはアンモナイトや貝の化石が多く見られ、素晴らしい凝縮感としっかりとした構成のある、長期熟成可能なワインが産出されます。

ヌヴーでは2012年に醸造所を新設し、温度管理装置付きのステンレスタンクを導入。ワインに生き生きとしたフレッシュ感が増し、そのスタイルも洗練されたクリーンなものへと進化しています。

アンドレ・ヌヴー

並び替え:
価格の低い順
価格の高い順
おすすめ順
新着順

(全6件)6件表示

  • 1