都農ワイン 牧内マスカット・ベーリーA エステート 2023 750ml

2,420(税込)

24ポイント獲得できます

商品コード
14001501
数量
※実際の商品ラベルやヴィンテージと、画像が異なる場合がございます。
※ラッピングをご希望の場合は、下記カテゴリーページからお箱等を一緒にご注文ください。
https://shopping.kimijimaya.co.jp/view/category/ct1515

この商品について問い合わせる

完熟ブドウの魅力が奏でる味わい深いワイン

華やかな香りと上品な酸味とタンニンのバランスが絶妙♪

商品概要

自社農園で栽培したマスカット・ベーリーAの中から、完熟したぶどうのみ使用して作ったワインです。

香り、味わい

赤いベリーを思わせる少し清涼感を感じる甘い香りが第一印象です。
収穫したばかりのフレッシュな果実を思わせる香りがグラスいっぱいに広がります。少しグリーンのニュアンスもあり、爽やかな印象も感じられます。

アタックは軽やかで明るい酸味が爽やかな印象を与えてくれます。マスカット・ベーリーAの特徴香であるキャンディー香は控えめで、中盤にかけて柔らかいタンニンの苦みが心地よく広がります。

おススメの飲み方、合わせたい料理

10度~15度の品温でお楽しみください。甘辛いたれを使った、肉巻きおにぎりやスペアリブはもちろん、カマンベールとも面白い相性みせてくれそうです。

数々の逆境を乗り越えた「奇跡のワイン」 都農ワイン

1996年、宮崎県の都農町にオープンした「都農ワイン」。最初に都農ワインを知ったときは、南国のイメージとぴったりな明るく華やかな味わいから「暖かくて穏やかな気候ですくすく育ったぶどうから造られているんだろうな」と思っていました。

でも事実は真逆で、南国らしい高温多湿の気候はぶどう栽培に向かない上、都農では間降雨量が4,000ミリ以上と世界のぶどう産地の5~8倍もの雨が降るんだそうです。しかも収穫期には台風が襲来し、強風で葉も果実も多大な被害を蒙ることに。激しい雨でぶどうが房ごと叩き落されたこともあったそうです。

そんな厳しい自然条件の中、都農でぶどう栽培に初めて着手したのが永友百二さんという方でした。戦後まもなく転換作物としてぶどうに注目し、排水対策や防風林の植樹、剪定方法など、独自に技術を開発していき、都農は「尾鈴(おすず)ぶどう」の産地として、昭和60年代には300軒を超すぶどう農家が年間2,000トンを生産するまでに成長しました。
その志を継ぎ、地元産のぶどうのみでワインを造ろうと設立されたのが都農ワインです。

平成6年からはシャルドネやピノ・ノワールといったワイン専用品種の育成を開始。その多くが乾燥した地域が原産地ということもあり苦難の連続でしたが、定説にとらわれず土づくりや樹の仕立てから見直し、独自の方法を確立していきました。

数々の逆境を乗り越えた都農ワインは「奇跡のワイン」として知られ、またその美味しさで世界のワイン100選に選ばれるなど注目を集めています。トロピカルフルーツを思わせる華やかな香りと爽やかな酸が心地よいシャルドネや、白コショウや山椒が薫るシラーなど、「都農にしかないワイン」を是非ご賞味くださいね。

商品スペック

原語表記 牧内マスカット・ベーリーA エステート 2023
産地 日本/宮崎県都農町
容量 750ml
タイプ 赤/ミディアムボディ
品種 マスカット・ベーリーA

最近チェックしたアイテム