□出荷日カレンダー

2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       



 

トップ > 横浜君嶋屋おススメセット > 【送料無料】アルザスのテロワール新発見!人気生産者3本セット

【送料無料】アルザスのテロワール新発見!人気生産者3本セット

    かごに入れる
  • 販売価格:10,900 円(税込)
  • 購入数 :
  • 実店舗と在庫を共有しております為、ご注文頂いた時点で商品をご用意出来ない場合がございます。
    その際はオンラインショップからメールでご連絡を差し上げます。

    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ
  • メーカー:
  • ポイント:0ポイント
  • 商品コード:alsace3_set

【混植・混醸により表現されるアルザスのテロワール!名生産者のワイン3本セット】

◆通常価格9,680円(税込)+送料1,500円(関東の場合)=11,180円のところ
→  10,900円(税込・送料込)!!




<セット内容>

1. アルザス・コンプランタシオン =マルセル・ダイス=
 通常価格:3,960円


現代アルザスワインの巨匠であり、三ツ星生産者のマルセル・ダイス。当主ジャン・ミッシェル・ダイス氏は、それまで品種の個性だけを重視していたアルザスワイン界に初めてテロワールの概念を持ち込み、大論争を巻き起こします。

ダイス氏は、「個々の土地の個性(テロワール)をそのままワインに表現すること」を信念とし、アルザス特有の土地の味を最大限に引き出すためには、ぶどうは複数ブレンドされるべきだという考え方でワインを造り続けました。

その美味しさは、なんと法律をも動かすほど!それまでラベルにぶどう品種を1番大きく記載しなければいけなかったのですが、「土地の個性を大切にするべき」というダイス氏に習い品種名よりも畑名を大きく表示するように改正されたうえ、ぶどう品種は記載しなくても許されるまでに…。

たった一人、ひたすら美味しいワインを造ることに信念を貫き通したダイス氏が、法律までも変えたというわけなんです。その魂のこもったワインを、ぜひとも味わってくださいね!

こちらのアルザス・コンプランタシオンは、ベルグハイム、ベンウィール、ベブランハイム、リボーヴィレの各村の計5haの畑よりアルザス13品種のぶどうを混植・混醸して造られています。

まずはよく冷やしてフルーティーな味わいを、徐々に温度が上がるにつれて変化していくコクのある味わいもご堪能くださいね。


2. エデルツヴィッカー (1,000ml) =アルベール・ボクスレ=
 税込価格:2,420円


アルザスで今最も注目を集める三ツ星生産者、アルベール・ボクスレ。人の介入を極力排除した自然農法を採用。醸造の際もポンピングオーバーや清澄は行わないなど自然な造りを徹底しています。そのスタイルはピュアで非常にエレガント。

「エデルツヴィッカー」はアルザスの白ワインで、いくつものぶどう品種をブレンドすることが認められています。こちらはリースリングを主体に、ピノブラン、シルヴァネール、ゲヴェルツトラミネールをブレンド。複雑さと透明感が同時に存在し、冷涼感のあるミネラルとフレッシュで華やかな果実味のおかげでスルスルと身体に染み入るような美味しさが味わえます。

たっぷりと飲める1リットルボトル。前菜やサラダ、キッシュ、シーフードなど合わせる料理を選びませんから、伝統的なアルザスの家庭のように、食卓に置いてお気軽にお楽しみください。


3.キュヴェ・ギョタク =テール・デトワール=
 税込価格: 2,960 円


インパクトのある魚拓ラベルがとても日本らしいこちらのワイン。こちらも実はアルザスワインなんです!当主のクリストフさんが、北海道のお寿司屋さんに生まれた奥様の由佳さんとご結婚されたこと、また、由佳さんが元々赤坂の料亭でスー・シェフを務めていたこともあり、「和食に合うワインを造りたい」という想いから生まれたワインです。

夫婦そろって長年「和食とのマリアージュ」をテーマとして鮮魚やわさび、しょうゆ、お酢など、和食特有の個性との相性について徹底的に研究を重ね、ついに辿り着いたのが「リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、ピノ・グリ、ピノ・ブラン」のブレンドでした。

丸みを帯びた柔らかな酸味と、ブレンドの品種の特徴からくる、とろりと滑らかな果実味が和食との相性を更に高めてくれています。魚介類と合わせた時、ワインによっては魚の生臭さが際立ってしまうこともありますが、ギョタクはまるでおかずを選ばないお米のように、ふっくらと柔らかく寄り添ってくれますから、ブリやサバといった青魚などとも相性抜群。親しみやすく飽きのこない味わいで、冷蔵庫に常備しておきたくなる1本です。

トップに戻る