新規会員登録


□出荷日カレンダー

2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

□店舗情報


横浜君嶋屋Facebookページへ

〒232-0012

神奈川県横浜市南区南吉田町3-30

Tel:045-251-6880

[営業時間] 10:00-20:00

[定休日] 日祝(祝日は不定休)


銀座君嶋屋Facebookページへ

〒104-0061

東京都中央区銀座1丁目2-1
紺屋ビル1F

Tel:03-5159-6880

[営業時間]
 平 日 10:30〜21:00
 土曜日 10:30〜20:00
 日祝日 10:30〜19:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)


恵比寿君嶋屋Facebookページへ

〒150-0022

東京都渋谷区恵比寿南1丁目6-1
アトレ恵比寿 西館4F

Tel:03-5475-8716

[営業時間] 10:00-22:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)
※アトレ恵比寿店に準じます





 

トップ > 【ワイン】Wine > タイプから選ぶ > > パトリモニオ グロット・ディ・ソル ルージュ 2018  =ドメーヌ JBアレナ=

パトリモニオ グロット・ディ・ソル ルージュ 2018  =ドメーヌ JBアレナ=

パトリモニオ グロット・ディ・ソル ルージュ 2018  =ドメーヌ  JBアレナ= パトリモニオ グロット・ディ・ソル ルージュ 2018  =ドメーヌ  JBアレナ=
パトリモニオ グロット・ディ・ソル ルージュ 2018  =ドメーヌ  JBアレナ= パトリモニオ グロット・ディ・ソル ルージュ 2018  =ドメーヌ  JBアレナ=
拡大画像
    かごに入れる
  • 販売価格:4,840 円(税込)
  • 購入数 :
  • 実店舗と在庫を共有しております為、ご注文頂いた時点で商品をご用意出来ない場合がございます。
    その際はオンラインショップからメールでご連絡を差し上げます。

    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ
  • メーカー:ドメーヌ ジャン・バティスト・アレナ
  • ポイント:242ポイント
  • 商品コード:15008112
原語表
Patrimonio Grotte di Sole Rouge 2014
=Domaine Jean-Baptiste Arena =
生産者 ドメーヌ ジャン・バティスト・アレナ
原産地呼称 AOCパトリモニオ(フランス/コルス島)
品種 ニエルッキオ(=サンジョヴェーゼ)100%
タイプ 赤 [フルボディ]
容量 750ml
土壌 粘土石灰質
栽培・醸造 真南向きに位置するなだらかな斜面。標高はカルコより低く土壌は粘土質が強い。コンクリートタンクで天然酵母による自然発酵。醸し期間は1〜4ヶ月。瓶詰時にSO2極少量添加。
味わい ブラックベリー、プルーンカシスなどの熟した黒い果実の風味。力強さと野性的なニュアンスも加わりミネラル感も調和している。
料理 鴨肉の赤ワインソース、赤身肉のグリル、トマトソースの料理など。

商品画像のヴィンテージは異なる場合がございます。
 

♦ドメーヌ ジャン・バティスト・アレナ♦
ジャン・バティスト・アレナは、コルシカワインのパイオニア、アントワーヌ・アレナの長男。父親の元でワイン造りを行っていたが、近年、父アントワーヌの引退を機に、次男マリアントワーヌ・マリー・アレナとともに家業を引き継ぎ畑を相続した。その畑は、父アントワーヌが23歳の時に3haを受け継ぎ、荒野や石灰質の岩山を自ら削り開墾・拡大した畑で、現在二人の兄弟はそれぞれの手法で別々のワイン造りを行っている。ジャン・バティストは父親の精神を受け継ぎ自然を尊重したワイン造りを行い、熟成にも樽を使用せずブドウ由来の味わいを大切にしている。しっかりとした政治学の持ち主でもあり、現在パトリモニオの村長も務めている。

AOCパトリモニオはコルシカ島の北部に位置する。昼間は強い日差しと海からの乾燥した風、夜になると山からの湿った空気が流れ込むブドウ栽培に絶好の条件。グロット・ディ・ソールは南向きに位置するなだらかな斜面。土壌は粘土質が強く、丸みがありしっかりとした凝縮感があるワインに仕上がる。

アントワーヌ・アレナ(父)
コルシカ島の自然と共存しながらワイン造りに情熱を傾けるコルシカワインのパイオニアといえる生産者。フランス本土での知名度も非常に高く、そのワインは三ツ星レストランや限られたカーブでのみ扱われる。地元でもほとんど購入不可能な幻のワイン。2018年を最後に引退し、2人の息子達が家業を引き継いだ。

トップに戻る