SOLD OUT

紀土 純米吟醸 ひやおろし 1800ml 平和酒造

2,530(税込)

25ポイント獲得できます

商品コード
25100157
数量
売り切れ
※商品写真やスペックは実際の商品とは異なる場合がございます。

この商品について問い合わせる

お値段以上の味わい!大人気ひやおろし入荷!

商品概要

通年の定番商品「紀土 純米吟醸」のひやおろしが入荷いたしました!
今年のひやおろしは、以前よりもふくよかな味わいとの評判です!

香り、味わい

穏やかで上品な吟醸香と、ふくよかで柔らかい旨みとスッキリとした酸味のバランスが特徴です。後口には紀土らしいキレ感もあり、飲み飽きしません。

おススメの温度、合う料理

冷酒、常温はもちろん、お燗にしてもお楽しみいただける一本です。
脂の乗った食材や、キノコ、茶わん蒸しなどと相性抜群です!

平和酒造について

平和酒造は昭和3年、山本保によって創業をされました。江戸時代からの酒蔵である谷口酒造の谷口保は、婿養子として代々仏寺であった山本家の家督を継ぐことになりました。その際、生来の酒好きが高じ、酒蔵を創業します。当時の山号寺号が「無量山超願寺」であったので現在でも「超願寺」という屋号で呼ばれることもあるそうです。

そんな平和酒造はこれまで幾度か廃業の危機にさらされてきました。第二次世界大戦中、激しくなる戦局に学童疎開や京都など酒蔵の受け入れを国から命じられ酒造の休業をしいられ、さらに戦後しばらくしても酒造免許の再開を許されなかったのです。 そこで二代目である山本保正は「休業蔵再開」の陳情演説を行うため国会に足を運び、震えながらも休業に追い込まれた無念さ、戦後の平和な時代で酒造りをするという希望を語り多くの拍手を浴びたそうです。そういう情熱の末にようやく再開の許可がおりました。この時の平和な時代に酒造りをするという想いが平和という名前を冠した酒蔵名をつけさせたそうです。

しかし再開はしたものの苦労は続き、昭和60年代まで 京都の大手メーカーの桶売り蔵として自社ブランドは細々と販売していました。しかし、自分達が造りたい物を造ろうという想いから自社での販売に力点を置き始めます。 以来、平成元年、5年、17年、20年の全国新酒鑑評会金賞を受賞し、和歌山らしい酒造りに力を注ぎ今日にいたっています。

商品スペック

生産者 平和酒造
内容量 1800ml
原産地 和歌山県
特定名称 純米吟醸
使用米 国産米
精米歩合 麹米50%、掛米55%
アルコール度数 15度

最近チェックしたアイテム