時間が育む伝統の味「ジェームス・イーディー」

時間が育む伝統の味「ジェームズ・イーディー」

ジェームズ・イーディーの歴史

創設者ジェームズ·イーディは、スコットランドのグレンイーグルズの近くで蒸留所を営む家庭に生まれました。

この蒸留所で彼は、急いでは良いものは生まれないことを学び、そしてイーディ―家の昔ながらの技法を用いながら彼自身のブレンドを作り始めたのです。

彼にとって、良いウイスキーを創るための秘訣はとてもシンプルでした。高品質であること、厳選された木の樽を使用すること、そしてブレンディングの経験です。

これらのどの要素も欠けては駄目で、そしてウイスキーを作り上げる過程で急ぐことは決して許されないのです。何故なら、芸術ともいえるブレンディングは、ウイスキー同様に時間をかけることで、より優れたものになるからです。

1854年にジェームズ・イーディ社を創設し、「トレードマークX」を発表、その伝統的なスコッチウイスキーは、世界でも認められるブランドの一つとなりました。

しかし、ジェームズ・イーディが亡くなってしばらく経った後、ブランドは大規模な蒸留所に買い取られ、21世紀に生き残ることはなかったのでした。

オーナーのルパート・パトリックは、ジェームス・イーディの玄孫にあたります。先祖が創立した由緒あるスコッチウィスキーの会社に誇りを持っていたパトリックは、金のトレード会社を経営する傍ら当時と同じレシピでブレンドの研究を重ね続け、遂に2017年『ジェームス・イーディ』のブランドを復活させました。

このカテゴリーには商品がありません