□出荷日カレンダー

2021年 12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      



 

トップ > 【ワイン】Wine > レア・ブルゴーニュ特集 > ドメーヌ・ルフレーヴ 特級ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ 2019 750ml

ドメーヌ・ルフレーヴ 特級ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ 2019 750ml

    品切れ中

  • 販売価格:122,100 円(税込)
  • 購入数 :
  • 実店舗と在庫を共有しております為、ご注文頂いた時点で商品をご用意出来ない場合がございます。
    その際はオンラインショップからメールでご連絡を差し上げます。

    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ
  • メーカー:ドメーヌ・ルフレーヴ
  • ポイント:1,221ポイント
  • 商品コード:15009719leflaive
原語表記 Bienvenues-Batard-Montrachet Grand Cru
Domaine Leflaive
産地 フランス/ブルゴーニュ
容量 750ml
タイプ
品種 シャルドネ
 

※商品写真は実際の商品とは異なる場合があります。

※こちらの商品は他店舗でも販売しておりますため、商品の品切れ等によりお届けができかねる場合がございます。その際はメールにてご連絡を差し上げますが、あらかじめご了承くださいますようお願い致します。

【純粋なビオディナミを実践する、ピュリニーの大御所】

 ピュリニー・モンラッシェ随一の造り手がドメーヌ・ルフレーヴ。全ブルゴーニュの白ワインにおいて最高の造り手といっても過言ではない造り手である。

ルフレーヴはピュリニー・モンラッシェにおよそ25haものブドウ畑を所有する大ドメーヌであり、その大部分をグラン・クリュとプルミエ・クリュが占めている 。

ルフレーヴで特筆すべきことは、ビオディナミによるブドウ栽培である。80年代末、ブドウ畑の状態に疑問を抱いたアンヌ・クロードは、地質学の専門家であるクロード・ブルギニヨンの講義を聞いたのがきっかけで、ビオディナミに傾倒。故フランソワ・ブーシェの指導のもと、天体の運行に従って農作業を行い、自然界の物質から作られた特種な調合物で土壌の活性化を図るビオディナミ農法を実践する。

ワインの醸造は、歴代のレジスール(醸造長)が指揮をとる。フランソワ・ヴィロ、その息子のジャン・ヴィロと続き、1989年にはムルソーの造り手として高い評価を得るピエール・モレが後を継いだ。彼はおよそ20年間にわたり、ルフレーヴのワインの品質をさらなる高みまで向上させた後、2008年にそのバトンを若手のエリック・レミーへ渡してドメーヌを去った。

ルフレーヴのワインはいずれのクリマもテロワールをありのまま表現したもので、過熟感や過剰な樽香とは無縁なスタイルをとる。

ムルソー・スー・ル・ド・ダーヌやピュリニー・モンラッシェでもクラヴォワヨンのように、比較的若いうちから楽しめるクリマもあるが、ピュセルやシュヴァリエ・モンラッシェは鋼のように強靭なミネラルが落ち着くまでに長い年月を要す。

しかしながら待てば待った分だけ、いざ開けた時の感動は大きく、世のルフレーヴ・マニアを虜にして離さないのである。

【畑、醸造の特徴】

バタールの北東の角に位置する3.7haの畑がビアンヴニュ・バタール。ルフレーヴはここにも最大の1.15haを所有する。バタールよりも樹齢は古く、ビオディナミの導入によって、樹のバイタリティが増したとアンヌ・クロードはいう。ワインはバタールと比べてソフトでしなやか。香りはデリケート。

トップに戻る