新規会員登録


□出荷日カレンダー

2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

□店舗情報


横浜君嶋屋Facebookページへ

〒232-0012

神奈川県横浜市南区南吉田町3-30

Tel:045-251-6880

[営業時間] 10:00-20:00

[定休日] 日祝(祝日は不定休)


銀座君嶋屋Facebookページへ

〒104-0061

東京都中央区銀座1丁目2-1
紺屋ビル1F

Tel:03-5159-6880

[営業時間]
 平 日 10:30〜21:00
 土曜日 10:30〜20:00
 日祝日 10:30〜19:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)


恵比寿君嶋屋Facebookページへ

〒150-0022

東京都渋谷区恵比寿南1丁目6-1
アトレ恵比寿 西館4F

Tel:03-5475-8716

[営業時間] 10:00-22:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)
※アトレ恵比寿店に準じます





 

トップ > 【ワイン】Wine > タイプから選ぶ > > コルス・フィガリ アンフォラ・ルージュ 2015 =クロ・カナレリ=

コルス・フィガリ アンフォラ・ルージュ 2015 =クロ・カナレリ=

コルス・フィガリ アンフォラ・ルージュ 2015 =クロ・カナレリ= コルス・フィガリ アンフォラ・ルージュ 2015 =クロ・カナレリ=
コルス・フィガリ アンフォラ・ルージュ 2015 =クロ・カナレリ= コルス・フィガリ アンフォラ・ルージュ 2015 =クロ・カナレリ=
拡大画像
    かごに入れる
  • 販売価格:9,680 円(税込)
  • 購入数 :
  • 実店舗と在庫を共有しております為、ご注文頂いた時点で商品をご用意出来ない場合がございます。
    その際はオンラインショップからメールでご連絡を差し上げます。

    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ
  • メーカー:Domaine Clos CANARELLI
  • ポイント:484ポイント
  • 商品コード:15005646
  1. 原語表記
  2. Corse Figari Amphora Rouge 2015
  3. =Domaine Clos Canarelli=
  1. 生産者 ドメーヌ クロ・カナレリ
  1. 原産地呼称 AOCコルス・フィガリ(フランス/コルシカ島)
  1. 品種 ニエルッキオ、シャッカレル、ミヌステロ、モレスコーン、カルカジョール・ネル
  1. タイプ 赤・辛口 [フルボディ]
  1. 容量 750ml
  1. 土壌 花崗岩の風化による砂質土壌
  1. 栽培・醸造 ビオディナミで栽培。アンフォラで天然酵母による自然発酵と醸しを20℃を保ちながら4〜8週間行う。ピジャージュを行い、その後古い34ヘクトリットルのフードルで熟成。SO2無添加。
  1. 味わい 赤や黒の小さな果実、スパイス、ドライハーブなど、幾重にも織りなす香りと風味はフィネスに富み、エレガントでピュアな味わい。
  1. 料理 鴨肉のグリル、マグロの赤身など。
 

商品画像のヴィンテージは異なる場合がございます。

♦ドメーヌ クロ・カナレリ♦

〜コルシカから発信する独自のスタイル〜
クロ・カナレリは、紀元前5世紀からブドウ栽培が行われる歴史ある生産地、フィガリの生産者。現当主イヴ・カナレリは、1992年に父親からわずか10haのブドウ畑を引き継いだ。当初、父親と同様に協同組合へブドウを売却していたが、1997年より自社ラベルで元詰を開始。

フィガリは、フランス最南端のAOCではあるが、体感温度はカルヴィやパトリモニオよりも低く、特に朝晩の気温の下がり方は、他の地域と比べても大きい。この気候がカナレリのワインの洗練されたスタイルを作り上げる大きな要素の一つとなっている。初め10haだった畑は年々増えていき、現在はフィガリに33ha、ボニファシオに5ha、サルテーヌに0.5haの計38.5haを所有。2002年から有機栽培を開始し、2006年からはビオディナミを実践している。5年前よりアレナで飲んだビアンコ・ジャンティーユに感激し自らもその栽培を始めた。理想のスタイルは、樽に支配されないピュアでナチュラルなワイン。好奇心旺盛な性格と探究心の強さから、常に最高のワインを求め続けている。醸造所内にはラボが併設され、ワインを数値化して管理する。醸造学を専門に勉強をしていないこともあり、固定観念にとらわれず、自由な発想でワイン造りを行っている。卵型のコンクリートタンクの導入や、コルシカでは初めてのアンフォラを用いるワイン醸造も開始した。
全てのブドウは徐梗され、グラヴィテ方式でゆっくりとプレスをかけた後にそれぞれのタンクに 移される。ロゼはステンレスタンク、白は大樽、赤は小樽と大樽両方、ビアンコ・ジャンティーユが卵型コンクリートタンク、新しいキュヴェにはアンフォラを使用している。

土地やブドウのポテンシャルを大切にしたビオディナミでの葡萄栽培と緻密に計算されたワイン造りが行われており、コルシカワインの中でも独自のスタイルを確立している。
 

トップに戻る