【重要】消費税率の変更に関するお知らせ
新規会員登録

□出荷日カレンダー

2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

□店舗情報


横浜君嶋屋Facebookページへ

〒232-0012

神奈川県横浜市南区南吉田町3-30

Tel:045-251-6880

[営業時間] 10:00-20:00

[定休日] 日祝(祝日は不定休)


銀座君嶋屋Facebookページへ

〒104-0061

東京都中央区銀座1丁目2-1
紺屋ビル1F

Tel:03-5159-6880

[営業時間]
 平 日 10:30〜21:00
 土曜日 10:30〜20:00
 日祝日 10:30〜19:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)


恵比寿君嶋屋Facebookページへ

〒150-0022

東京都渋谷区恵比寿南1丁目6-1
アトレ恵比寿 西館4F

Tel:03-5475-8716

[営業時間] 10:00-22:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)
※アトレ恵比寿店に準じます



 

トップ > 日本酒の種類から探す > 純米大吟醸 > 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造
日本酒_県で選ぶ > 東北地方 > 山形県 > 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造
日本酒_容量で選ぶ > 1800ml > 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造
日本酒_火入れか生か > 火入れ > 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造
日本酒_蔵元で選ぶ > 楯の川酒造 > 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造
日本酒_銘柄で選ぶ > 楯野川 > 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造
日本酒 > 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造
新入荷 > 日本酒 > 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造

楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造

楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造
楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造 楯野川 大井屋 純米大吟醸(火入)H30BY 1800ml 楯の川酒造
拡大画像
    かごに入れる
  • 販売価格:3,960 円(税込)
  • 購入数 :
  • 実店舗と在庫を共有しております為、ご注文頂いた時点で商品をご用意出来ない場合がございます。
    その際はオンラインショップからメールでご連絡を差し上げます。

    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ
  • メーカー:楯の川酒造
  • ポイント:39ポイント
  • 商品コード:1006243
特定名称 純米大吟醸
内容量 1800ml
生産者 楯の川酒造(山形県)
使用米 亀の尾100%
精米歩合 48%
使用酵母 山形KA単体
状態 1回火入れ
アルコール度数 16度
日本酒度 -2
酸度 1.3

【蔵元紹介文】
コシヒカリやひとめぼれなど、お米のルーツををたどると亀の尾につながっています。亀の尾は明治半ばに山形県庄内地方で生まれ、その後、「西の雄町、東の亀の尾」と称されるほど全国にその名を馳せました。古くから酒造りにも適した良米と知られておりますが、栽培の難しさから徐々に姿を消していった品種です。

なるべく農薬を使用せず、自然の力と稲が持つ本来の生命力で育ったお米で酒造りの挑戦したいと思い、有機栽培で収穫された亀の尾を選びました。

「大井屋」の名称は、楯の川酒造の創業者である初代「大井屋平四郎」からとりました。以前も同名の純米大吟醸を製造・販売しておりましたが、この度その名をよみがえらせました。

農家と蔵元の熱意を感じながら、ご堪能ください。

トップに戻る