新規会員登録


□出荷日カレンダー

2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

□店舗情報


横浜君嶋屋Facebookページへ

〒232-0012

神奈川県横浜市南区南吉田町3-30

Tel:045-251-6880

[営業時間] 10:00-20:00

[定休日] 日祝(祝日は不定休)


銀座君嶋屋Facebookページへ

〒104-0061

東京都中央区銀座1丁目2-1
紺屋ビル1F

Tel:03-5159-6880

[営業時間]
 平 日 10:30〜21:00
 土曜日 10:30〜20:00
 日祝日 10:30〜19:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)


恵比寿君嶋屋Facebookページへ

〒150-0022

東京都渋谷区恵比寿南1丁目6-1
アトレ恵比寿 西館4F

Tel:03-5475-8716

[営業時間] 10:00-22:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)
※アトレ恵比寿店に準じます





 

トップ > 【ワイン】Wine > タイプから選ぶ > > ラエリー カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー 2012 =ヘロン・ワインズ=

ラエリー カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー 2012 =ヘロン・ワインズ=

ラエリー カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー 2012 =ヘロン・ワインズ= ラエリー カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー 2012 =ヘロン・ワインズ= ラエリー カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー 2012 =ヘロン・ワインズ=
ラエリー カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー 2012 =ヘロン・ワインズ= ラエリー カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー 2012 =ヘロン・ワインズ= ラエリー カベルネソーヴィニヨン ナパヴァレー 2012 =ヘロン・ワインズ=
拡大画像
    かごに入れる
  • 販売価格:7,040 円(税込)
  • 購入数 :
  • 実店舗と在庫を共有しております為、ご注文頂いた時点で商品をご用意出来ない場合がございます。
    その際はオンラインショップからメールでご連絡を差し上げます。

    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ
  • メーカー:ヘロン・ワインズ
  • ポイント:352ポイント
  • 商品コード:15400598
原表記
Laely Cabernet Sauvignon Napa 2012
=Heron Wines=
生産者 ヘロン・ワインズ
原産地呼称 ナパ・ヴァレーAVA(アメリカ/カリフォルニア州/ノースコースト)
品種 カベルネソーヴィニヨン90%(ハウエルマウンテン40%、ルサフォード35%、アトラスピーク15%)、プティヴェルド10%(オークヴィル)
タイプ 赤 [フル]
容量 750ml
土壌 ー
栽培・醸造 ナパ・ヴァレー内のいくつかのAVAのカベルネ・ソヴィニヨンとオークヴィルのプチヴェルドをブレンド。フランス、セガン・モロー製の新樽を33%、2年落ちの樽を使用してバランスを取り、5回澱引きを行いながら24か月間熟成させる。
味わい 熟したカシス、ミュール、プラム、ハーブ、黒系スパイスなど、様々な要素が調和し、コクとこなれたタンニンのなめらかさが共存した、ナパの魅力が詰まったワイン。
料理 ステーキ、上質な粗挽きハンバーグ、ハーブの効いたラムチョップなど。


商品画像のヴィンテージは異なる場合がございます。
 

♦ヘロン・ワインズ♦
当主であり醸造家のラエリー・ヘロンは、子供時代を四大陸で生活し、旅することや冒険を愛する心を持ち、好奇心旺盛で世界中の文化、食べ物、ワインに強く興味を持つようになる。ボルドーでのワイン造り、デンマークでのレストラン開業、ワインの輸入業、マスターオブワインの勉強など様々なことに挑戦してきた。その後、彼女が選んだ道は、自社畑を所有せず世界の優れたワイン  産地で優良なブドウ栽培家と契約してブドウ買い付け、美味しいワインを造り出すというワイン メーカーだった。現在は、カリフォルニアとフランス南西部並びにスペインでワイン造りを行う。買い付けるブドウは、可能な限り有機栽培の認証を受けているか、その精神で栽培している畑の もので、ビオディナミ、もしくは最低限でも持続可能な農法でブドウを栽培している畑を選ぶ。  芳醇でゆっくりと時間をかけて完熟するブドウを求めて、ほとんどの契約する畑はドライファームでブドウを栽培し、標高が高く、海洋性気候の地域であり、また樹齢の古いブドウを選んでいる。ワイン造りでは「less is more」の哲学を信念としている。手作業で完熟のピーク時に収穫したブドウは、選果をして、優しくゆっくりと時間をかけて醸造を行う。樽はフランス産にこだわり、中には  自らカスタマイズしたトロンセ産の樽も使用している。彼女の造るワインは、高アルコールの力強いワインではなく、新鮮味があり品格、バランスを重視している。

トップに戻る