新規会員登録


□出荷日カレンダー

2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
2020年 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

□店舗情報


横浜君嶋屋Facebookページへ

〒232-0012

神奈川県横浜市南区南吉田町3-30

Tel:045-251-6880

[営業時間] 10:00-20:00

[定休日] 日祝(祝日は不定休)


銀座君嶋屋Facebookページへ

〒104-0061

東京都中央区銀座1丁目2-1
紺屋ビル1F

Tel:03-5159-6880

[営業時間]
 平 日 10:30〜21:00
 土曜日 10:30〜20:00
 日祝日 10:30〜19:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)


恵比寿君嶋屋Facebookページへ

〒150-0022

東京都渋谷区恵比寿南1丁目6-1
アトレ恵比寿 西館4F

Tel:03-5475-8716

[営業時間] 10:00-22:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)
※アトレ恵比寿店に準じます





 

トップ > すべての商品 > マコン・ブシエール・ブラン クロード・セニュレ VV 2018 =サラジニエール=

マコン・ブシエール・ブラン クロード・セニュレ VV 2018 =サラジニエール=

    かごに入れる
  • 販売価格:3,080 円(税込)
  • 購入数 :
  • 実店舗と在庫を共有しております為、ご注文頂いた時点で商品をご用意出来ない場合がございます。
    その際はオンラインショップからメールでご連絡を差し上げます。

    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ
  • メーカー:ドメーヌ・ド・ラ・サラジニエール
  • ポイント:154ポイント
  • 商品コード:15007892
原語表記
Macon Bussieres Blanc Vieilles Vigne
Cuvée Claude Seigneuret 2018
=Domaine de la Sarazinière=
生産者 ドメーヌ・ド・ラ・サレジニエール
原産地呼称 AOCマコン・ブシエール
(フランス/ブルゴーニュ地方/マコネ地区)
品種 シャルドネ (平均樹齢60年)
タイプ 白・辛口
容量 750ml
土壌 粘土石灰岩
栽培・醸造 標高300m、南向きの畑。栽培は以前から有機農法(認証申請中)。ブドウは1926年に植えられた、蔵の最も古い畑の4つの区画からセレクションされる。天然酵母による自然な樽発酵の後、10〜11ヵ月間樽熟成(新樽8%)
味わい 黄桃、ナッツ、仄かに澄ましバター風味があり、程よいエキス感、程よい酸味とミネラル感など全ての要素が主張し過ぎずに調和している。コスパの高さに驚かされるワイン。
料理 地鶏の焼き鳥、白身魚のバターソテー、白身魚の昆布締めなど。
 

商品画像のヴィンテージは異なる場合がございます。

♦ドメーヌ・ド・ラ・サラジニエール♦

〜石灰岩由来のピュアで豊かなミネラル感〜
ドメーヌ・ド・ラ・サラジニエールは、マコンから西へ10キロ、ブシエール村の丘陵に位置する家族経営のドメーヌ。1926年にクロード・セニュレにより創業、1990年からは現当主フィリップ・トレビノーによって運営されている。マコン・ヴィラージュを生産する約40ある生産者のひとつで、ドメーヌ名のサラジニエールは所有する畑の区画名から名付けられた。7ヘクタールの畑にはシャルドネ、アリゴテ、ガメイが植えられ、平均樹齢は60年。その中には創業者のクロード・セニュレが最初に植えた樹齢80年を超えたブドウも含まれ、その古木からは「セニュレ」の名を冠するキュヴェが造られている。現在、息子のギヨームもドメーヌに入り、父親と共にワインを造っている。

マコンは、地中海性気候で暖かく、北のブルゴーニュとは気候が異なる。また、標高の高い傾斜畑で石灰質土壌が多い。その中でも、ブシエール村にあるトレビノー家の畑では石灰岩の存在が顕著で、場所によっては表土の40センチ下から大きな石灰石を確認できる。この石灰岩がワインに豊かなミネラル感をもたらしている。アリゴテは、ブシエール村の別の場所に畑を所有し、花崗岩、砂礫、粘土石灰質の土壌に栽培されている。

フィリップの哲学は手を掛けすぎない自然を尊重したワイン造り。栽培は以前より有機で、現在認定を申請中。生きた土壌を定期的に耕し、殺虫剤や除草剤は使用せず野生酵母により発酵、そしてSO2の使用も最小限に留める。常に土壌の持つ潜在能力と可能性を最大限に引き出すことに情熱を注いでいる。

ワインはフレッシュさが重視され、収穫時期も糖分やアルコール度数より酸度を基準として判断される。その結果、ワインは生き生きとして非常にバランスがよく、テロワールの個性が十分に反映されたミネラル豊かでフィネスのあるワインに仕上がる。

トップに戻る