新規会員登録

出荷日カレンダー

2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
今日
土日祝日は、受注・発送業務をお休み,2月25日(月)は臨時休業致します。
2019年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

店舗情報

横浜君嶋屋

横浜君嶋屋Facebookページへ

〒232-0012

神奈川県横浜市南区南吉田町3-30

Tel:045-251-6880

営業時間:10:00-20:00

定休日:日祝(祝日は不定休)

銀座君嶋屋

銀座君嶋屋Facebookページへ

〒104-0061

東京都中央区銀座1丁目2-1 紺屋ビル1F

Tel:03-5159-6880

営業時間:
平日10:30〜21:00
土曜日10:30〜20:00
日祝日10:30〜19:00

定休日:無休(年末年始を除く)

恵比寿君嶋屋

恵比寿君嶋屋Facebookページへ

〒150-0022

東京都渋谷区恵比寿南1丁目6-1
アトレ恵比寿 西館4F

Tel:03-5475-8716

営業時間:10:00-22:00

定休日:無休(年末年始を除く)
※アトレ恵比寿店に準じます

 

トップ > 日本酒の種類から探す > 純米酒・特別純米 > 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造
日本酒_県で選ぶ > 関東地方 > 神奈川県 > 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造
日本酒_銘柄で選ぶ > 天青 > 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造
日本酒_蔵元で選ぶ > 熊澤酒造 > 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造
日本酒_容量で選ぶ > 1800ml > 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造
値段で選ぶ(税別) > 1,500円〜2,999円 > 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造
日本酒 > 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造
新入荷 > 日本酒 > 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造
日本酒の種類から探す > 季節限定酒 > しぼりたて・新酒 > 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造

天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造

天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造
天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造 天青 吟望 朝しぼり 純米無濾過生原酒 1800ml 熊澤酒造
拡大画像
    かごに入れる
  • 販売価格:3,024 円(税込)
  • 購入数 :
  • 実店舗と在庫を共有しております為、ご注文頂いた時点で商品をご用意出来ない場合がございます。
    その際はオンラインショップからメールでご連絡を差し上げます。

    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ
  • メーカー:熊澤酒造
  • ポイント:30ポイント
  • 商品コード:1004766
特定名称 純米酒
内容量 1800ml
生産者 熊澤酒造(神奈川)
使用米 五百万石
精米歩合 60%
酵母 --
状態 生酒
アルコール度数 17度
日本酒度 --
酸度 --

※商品写真やスペックは実際の商品とは異なる場合がございます。

大人気の『朝しぼり』シリーズから飲みごたえ抜群のお酒が登場!

朝しぼりとは、蔵元が朝一番に絞ったお酒を酒屋がその日の朝に直接引き取りにいき、その日のうちにお客様にお届けしたいという思いの詰まったお酒です。


立春を迎える祝い酒として湘南がお届けする最高の酒を味わってください。


※『天青』とは
『天青』とは中国の五代後周の皇帝が理想の青磁の色を表現した『雨過天青雲破処』(雨上がりの空の青さ。それを雲が破れるようにして晴れ始めた、そのあたりの青さ)と言う言葉から取ったものです。我々もその幻と言われる『雨過天青雲破処』のような、突き抜けるようなすずやかさと潤いに満ちた味わいを目指して参ります。『天青』の命名と書は陳舜臣氏(作家)によるものです

トップに戻る