新規会員登録

□出荷日カレンダー

2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

□店舗情報


横浜君嶋屋Facebookページへ

〒232-0012

神奈川県横浜市南区南吉田町3-30

Tel:045-251-6880

[営業時間] 10:00-20:00

[定休日] 日祝(祝日は不定休)


銀座君嶋屋Facebookページへ

〒104-0061

東京都中央区銀座1丁目2-1
紺屋ビル1F

Tel:03-5159-6880

[営業時間]
 平 日 10:30〜21:00
 土曜日 10:30〜20:00
 日祝日 10:30〜19:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)


恵比寿君嶋屋Facebookページへ

〒150-0022

東京都渋谷区恵比寿南1丁目6-1
アトレ恵比寿 西館4F

Tel:03-5475-8716

[営業時間] 10:00-22:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)
※アトレ恵比寿店に準じます





 

トップ > すべての商品 > パトリモニオ ロゼ 2017 =アントワーヌ・アレナ=
【ワイン】Wine > パトリモニオ ロゼ 2017 =アントワーヌ・アレナ=
【ワイン】Wine > タイプから選ぶ > ロゼ > パトリモニオ ロゼ 2017 =アントワーヌ・アレナ=
【ワイン】Wine > 価格から選ぶ > 3,000円〜4,999円 > パトリモニオ ロゼ 2017 =アントワーヌ・アレナ=
【ワイン】Wine > 君嶋屋直輸入 > フランス > プロヴァンス/コルス > アントワーヌ・アレナ > パトリモニオ ロゼ 2017 =アントワーヌ・アレナ=
【ワイン】Wine > 産地から選ぶ > フランス > プロヴァンス/コルス > パトリモニオ ロゼ 2017 =アントワーヌ・アレナ=

パトリモニオ ロゼ 2017 =アントワーヌ・アレナ=

パトリモニオ ロゼ  2017 =アントワーヌ・アレナ= パトリモニオ ロゼ  2017 =アントワーヌ・アレナ= パトリモニオ ロゼ  2017 =アントワーヌ・アレナ=
パトリモニオ ロゼ  2017 =アントワーヌ・アレナ= パトリモニオ ロゼ  2017 =アントワーヌ・アレナ= パトリモニオ ロゼ  2017 =アントワーヌ・アレナ=
拡大画像
    かごに入れる
  • 販売価格:4,400 円(税込)
  • 購入数 :
  • 実店舗と在庫を共有しております為、ご注文頂いた時点で商品をご用意出来ない場合がございます。
    その際はオンラインショップからメールでご連絡を差し上げます。

    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ
  • メーカー:ドメーヌ アントワーヌ・アレナ
  • ポイント:220ポイント
  • 商品コード:18000148
原語表記
Patrimonio Rose 2017
=Domaine Antoine Arena=
原産地呼称 AOCパトリモニオ(フランス/コルシカ島)
品種 ニエルッキオ
タイプ ロゼ・辛口
容量 750ml
栽培・醸造 除草剤や農薬、化学肥料を使用せず、伝統的な自然農法を実践。18〜19℃の温度帯のステンレスタンクで15日間、天然酵母による自然発酵。ステンレスタンクで熟成。 SO2は収穫時にのみ極少量を使用。
味わい グラスに注いた瞬間に熟した赤い果実の華やかな香りが広がる。鮮やかな色合いからイメーする凝縮した果実味とやさしく滑らかな口当たり、ミネラル感や酸もバランスよくまとまっている。セニエ法で醸したロゼ特有の心地よいしっかりととした余韻が味わいを引き締めている。
料理 鳥レバーパテ(ピンクペッパーを添えて)、豚しゃぶゴマだれ、マグロ赤身の鮨など。

商品画像のヴィンテージは異なる場合がございます。

♦ドメーヌ アントワーヌ・アレナ♦
ドメーヌ・アントワーヌ・アレナは、伝統的な自然農法によりワイン造りを行うコルシカ島を代表する生産者。アレナ家は代々パトリモニオでワイン造りを行ってきたワイン農家で、アントワーヌ・アレナ氏は23歳で3haの畑を父親から引き継ぎワイン造りを始めた。荒地や石灰質の岩山を自ら削ってブドウ畑の開墾を行い、畑は14haに拡大した。現在は二人の息子、ジャン ・ バティストとアントワーヌ ・ マリーがブドウ畑を相続し、アントワーヌの精神を受け継いだワイン造りをそれぞれの手法で行っている。

AOCパトリモニオは島の北部に位置し、昼間は強い日差しと海からの乾燥した風、夜になると山からの湿った空気が流れ込むブドウ栽培に絶好の条件が整っている。畑は昔から化学除草剤や化学肥料を使用せず、伝統的な自然農法を実践。一度は消滅しかけたコルシカの土着品種ビアンコ・ ジャンティーユの栽培を1996 年から復活させるなど、島の自然と共存しながらワイン造りに情熱を傾けるコルシカワインのパイオニアといえる生産者。フランス本土で最も知られたコルシカワインの生産者で、そのワインはフランスの三ツ星レストランや限られたカーブでのみ扱われ、地元でもほとんど購入不可能な幻のワイン

トップに戻る