新規会員登録

出荷日カレンダー

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

店舗情報

横浜君嶋屋

横浜君嶋屋Facebookページへ

〒232-0012

神奈川県横浜市南区南吉田町3-30

Tel:045-251-6880

営業時間:10:00-20:00

定休日:日祝(祝日は不定休)

銀座君嶋屋

銀座君嶋屋Facebookページへ

〒104-0061

東京都中央区銀座1丁目2-1 紺屋ビル1F

Tel:03-5159-6880

営業時間:
平日10:30〜21:00
土曜日10:30〜20:00
日祝日10:30〜19:00

定休日:無休(年末年始を除く)

恵比寿君嶋屋

恵比寿君嶋屋Facebookページへ

〒150-0022

東京都渋谷区恵比寿南1丁目6-1
アトレ恵比寿 西館4F

Tel:03-5475-8716

営業時間:10:00-22:00

定休日:無休(年末年始を除く)
※アトレ恵比寿店に準じます

 

トップ > 日本酒の種類から探す > 純米大吟醸 > 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造
日本酒_県で選ぶ > 中部地方 > 愛知県 > 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造
日本酒_銘柄で選ぶ > 醸し人九平次 > 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造
日本酒_蔵元で選ぶ > 萬乗醸造 > 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造
日本酒_容量で選ぶ > 720ml > 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造
値段で選ぶ(税別) > 5,000円〜9,999円 > 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造
日本酒_酒米で選ぶ > 雄町 > 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造
日本酒_火入れか生か > 火入れ > 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造
日本酒 > 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造

醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造

醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造
醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造 醸し人九平次 純米大吟醸 「協田」 赤磐雄町40% 720ml 萬乗醸造
拡大画像
    かごに入れる
  • 販売価格:3,780 円(税込)
  • 購入数 :
  • 実店舗と在庫を共有しております為、ご注文頂いた時点で商品をご用意出来ない場合がございます。
    その際はオンラインショップからメールでご連絡を差し上げます。

    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ
  • メーカー:萬乗醸造
  • ポイント:37ポイント
  • 商品コード:1005186
特定名称 純米大吟醸クラス
内容量 720ml
生産者 萬乗醸造(愛知県)
使用米 岡山県赤磐産雄町米100%使用
精米歩合 40%
使用酵母 --
状態 火入れ
アルコール度数 16度
日本酒度 --
酸度 --

※商品写真やスペックは実際の商品とは異なる場合がございます。

自社栽培の岡山県赤磐雄町40%を使用。
商品に使用する酒米には責任を持つべく、萬乗醸造の担当スタッフが畑のある「岡山県赤磐」に移住しました。

今回発売の商品は移住したスタッフが最初から最後まで責任をもって育てた酒米を使用しています。商品名の「協田」は「きょうでん」と読み、協田とは、協(とも)に田を耕すと言う意味。

赤磐雄町米の専業農家岩藤さん、JA岡山東赤坂支店さん、多くの人の力が結集し、醸されたお酒です。雄町米の新たな魅力・可能性をお楽しみください。

※ 2017年ビンテージについて
雄町 2017年は収穫時期の10月に2週連続の台風に見舞われました。その影響を心配しましたが、到来時には、米の中身が、すでに出来上がっていた事が酒を醸してみて判断できました。米としては例年に比べ最後の完熟度が弱いかもしれませんが、それが、良き意味で「上品さ」に繋がっております。[蔵元情報参照]

トップに戻る