新規会員登録


□出荷日カレンダー

2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
2020年 08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

□店舗情報


横浜君嶋屋Facebookページへ

〒232-0012

神奈川県横浜市南区南吉田町3-30

Tel:045-251-6880

[営業時間] 10:00-20:00

[定休日] 日祝(祝日は不定休)


銀座君嶋屋Facebookページへ

〒104-0061

東京都中央区銀座1丁目2-1
紺屋ビル1F

Tel:03-5159-6880

[営業時間]
 平 日 10:30〜21:00
 土曜日 10:30〜20:00
 日祝日 10:30〜19:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)


恵比寿君嶋屋Facebookページへ

〒150-0022

東京都渋谷区恵比寿南1丁目6-1
アトレ恵比寿 西館4F

Tel:03-5475-8716

[営業時間] 10:00-22:00

[定休日] 無休(年末年始を除く)
※アトレ恵比寿店に準じます





 

トップ > 【ワイン】Wine > タイプから選ぶ > > ラ・ロジーヌ 2017 =ステファン・オジェ=
【ワイン】Wine > 価格から選ぶ > 3,000円〜4,999円 > ラ・ロジーヌ 2017 =ステファン・オジェ=
【ワイン】Wine > 君嶋屋直輸入 > フランス > コート・デュ・ローヌ > ステファン・オジェ > ラ・ロジーヌ 2017 =ステファン・オジェ=

ラ・ロジーヌ 2017 =ステファン・オジェ=

    かごに入れる
  • 販売価格:3,960 円(税込)
  • 購入数 :
  • 実店舗と在庫を共有しております為、ご注文頂いた時点で商品をご用意出来ない場合がございます。
    その際はオンラインショップからメールでご連絡を差し上げます。

    • お気に入りリスト
    • 商品についての問い合わせ
  • メーカー:ドメーヌ ステファン・オジェ
  • ポイント:198ポイント
  • 商品コード:15007934
原語表記
La Rosine Syrah 2017
=Domaine Stephane Ogier=
原産地呼称 IGPコリンヌ・ロダニエンヌ
(フランス / コート・デュ・ローヌ地方)
品種 シラー 100%
タイプ 赤・辛口 [フルボディ]
容量 750ml
土壌 花崗岩
栽培・醸造 標高250〜300m、トゥーパン・スモンの丘(コート・ロティの南端から500m程離れた場所)。 手摘みで収穫した後、温度管理付きのステンレスタンクで1週間、天然酵母により28〜34℃で自然発酵。醸し期間3週間。228ℓの古樽で12か月間熟成。
味わい 黒いのベリー系果実やカシスやスミレ、タプナード、甘草などの香りが広がり、仄かに黒胡椒のスパイシーなニュアンスも漂う。ピュアで繊細な質感で華やか且つフルーティー、そしてエレガントな風味。イキイキとした酸味としっかりとしたミネラル感がしなやかに調和している。
料理 子牛、鴨、牛などの煮込みやグリルに。

※商品画像のヴィンテージは異なる場合がございます。

♦ドメーヌ ステファン・オジェ♦
〜しなやかな優美さを真髄とする新しいコート・ロティ〜
オジェ家は、コート・ロティの中心地アンピュイを拠点に、何世代にもわたりブドウ畑を営んできた。シャプティエやギガルにブドウを販売していたこともあるが、1987年にミッシェル・オジェ氏がドメーヌ元詰めを開始、1998年には、ボーヌや南アフリカで修業を積んだ息子のステファンがドメーヌに加わり、親子二人三脚でコート・ロティのトップ生産者に数えられる注目すべき存在となった。

ドメーヌのフラッグシップワイン、“ラ・ベル・エレーヌ”は、コート・ロティの単一畑コート・ロジェから造られる特別なキュヴェ。家族を支える母エレーヌへの想いが込められ、ワイン・アドヴォケイト誌では3度も100点を獲得している。

2007年以降はすべての栽培と醸造をステファンが引き継ぎ、華やかでセクシー、そしてしなやかな優美も併せ持つ、新しいコート・ロティのスタイルを確立した。ステファン曰く、コート・ロティはパワフルなイメージがあるけれど、畑はローヌ渓谷でも最北に位置する非常に傾斜のきつい丘陵地にあり、本来はフィネスがありエレガントなワインが造られる。その特徴をワインに表現しようと日々研鑽を積んでいる、とのこと。

最近の新たな試みに、シャトー・ヌフ・デュ・パプとジゴンダスの間に購入した畑から造られる、グルナッシュ主体のAOCコート・デュ・ローヌがある。“ル・タン・エ・ヴニュ(時は来た!)”と名付けられたこのワインにも、彼らしいエレガントな味わいが見事に表現されている。まさに目が離せない注目の生産者。

トップに戻る